メイン

只見線 アーカイブ

2007年02月18日

雪の一番列車

少し前の写真が続きましたので最近の話題などを。
今年は記録的な暖冬でどこも雪が少ないようです。このまま春を迎えるのも寂しい気がしたので、ここに行けば雪があるだろうと思い、先週の三連休最終日に久々に只見線に出かけてきました。こちらも例外ではなく雪の量は少なくて、2月とは思えない光景です。
ちょっと早起きして小雪が舞う中で若松行きの一番列車を撮影しました。

image

只見線 郷戸~会津柳津 2007年2月12日
Nikon D70, AF-S DX VR 18-200mm F3.5-5.6G

続きを読む "雪の一番列車" »

2007年02月19日

静かなる川

やはり只見線に来たら一度は拝みたい第三鉄橋。
重苦しい色をした川面にその姿を映しながら列車はゆっくりと渡っていきます。

image

只見線 早戸~会津宮下 2007年2月12日
Nikon F6, AF-S VR 70-200mm F2.8G, RVP100

2007年02月20日

水沼駅

積もった雪に吸い込まれてしまうのか、列車は静かにやってきてそっと停車しました。ホームに降りる人はなく、乗る人もなく。

image


遠慮がちな発車のエンジン音が聞こえなくなると雪の降る音だけが残ります。

image

只見線 会津水沼駅 2007年2月12日
Nikon F6, AF-S VR 70-200mm F2.8G, RVP100
(2点とも)

2007年02月21日

雪化粧

雪は小降りのままずっと降り続き、川沿いの木々も雪化粧。

image

只見線 会津西方~会津宮下 2006年2月12日
Nikon F6, AF-S 17-35mm F2.8D, RVP100

2007年02月22日

雪桜

宮下ダムを望むこの場所には桜の木があり、春には見事な姿を見ることが出来ます。冬の寒さをじっとこらえる枝々に雪が積もり、花が咲いたように見えました。

image

只見線 早戸~会津宮下 2007年2月12日
Nikon F6, AF-S VR 70-200mm F2.8G, RVP100

2007年02月24日

造形美

冬枯れの木々も雪が積もればすてきなオブジェに見えてきます。

image

只見線 早戸~会津水沼 2007年2月12日
Nikon F6, AF-S VR 70-200mm F2.8G, RVP100

2007年02月25日

お出かけ

今日は祝日でお休みなのでちょっとお出かけです。買い物でしょうか、それとも誰かに会いにいくのかな。

image

只見線 会津川口駅 2007年2月12日
Nikon D70, AF-S DX VR 18-200mm F3.5-5.6G

2007年02月26日

気をつけて

小出行きの列車の発車時刻です。言葉には出さずとも道中の安全を祈る気持ちが伝わってくるようでした。

image

只見線 会津川口駅 2007年2月12日
Nikon D70, AF-S DX VR 18-200mm F3.5-5.6G

2007年02月27日

雪の中へ

ホームを後にした列車は降りしきる雪の中へ去っていき、次第に見えなくなりました。

image

只見線 会津川口駅 2007年2月12日
Nikon D70, AF-S DX VR 18-200mm F3.5-5.6G

2007年02月28日

雪のトンネル

線路に大きく張り出した枝に雪が積もって、さながら雪のトンネルから列車が出てきたようです。

image

只見線 会津川口~会津中川 2007年2月12日
Nikon F6, AF-S VR 70-200mm F2.8G, RVP100

2008年01月24日

接近

微かに山の稜線が見え始めた新鶴駅。踏み切りの警報機が鳴りヘッドライトが接近してきました。日が短いこの時期では明るい時間帯に全区間を走ることはできないようですが、乗るなら若松を6時ちょうどに発車するこの列車が良さそうです。

image

只見線 新鶴 2008年1月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, ISO6400 JPEG

2008年01月25日

静かな停車

まだ暗いホームには誰もいません。ただ2両編成の列車だけが静かに停車します。

image

只見線 新鶴 2008年1月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, ISO6400 JPEG

2008年01月27日

月光寺

立派な屋根構えの月光寺をかすめるようにして列車が通り過ぎます。

image

只見線 郷戸~会津柳津 2008年1月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, ISO400 JPEG

2008年01月28日

第一鉄橋

思ったよりも雪が少なく空も明るくなってきたので、第一鉄橋を撮影してみました。お立ち台にはすぐに行けたものの、木々の雪が落ちてしまったのでもうひとつという感じでした。

image

只見線 会津桧原~会津西方 2008年1月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, ISO200 JPEG

2008年01月29日

磐梯山遠景

会津盆地に戻ってくると雲はなく、きれいに晴れていました。眩しいくらいの雪原の彼方には磐梯山が浮かび上がっていました。

image

只見線 根岸~会津高田 2008年1月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, ISO200 JPEG

2008年02月11日

修学旅行色

黄色と朱色が鮮やかな修学旅行色の気動車が復活し只見線を走りました。1960年代~70年代前半に活躍したようですが、この色を実物で見るのは初めてです。私は千葉県に住んでいましたので小学校はバスで日光、中学校は新幹線で京都だったと思います。専用列車に乗れた方がちょっと羨ましいですね。

image

只見線 会津宮下~会津西方 2008年2月
Nikon D3, AF-S 28-70mm F2.8D, ISO400 JPEG

2008年02月27日

いつもの場所

とりあえず撮影しようと思うと、どうしてもいつもの場所に来てしまいます。先客が並んでいる後ろからなんとか撮らせてもらいました。モノトーンの中にこの色の列車はよく目立ちますね。

image

只見線 早戸~会津宮下 2008年2月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, ISO400 JPEG

2008年02月28日

鉄橋

只見線には只見川にかかる有名な八つの鉄橋以外にも多くの鉄橋があって、それぞれ味わいのある光景を見せてくれます。本名駅近くのここもその一つ。

image

只見線 本名~会津川口 2008年2月
Nikon D3, AF-S 28-70mm F2.8D, ISO200 JPEG

2008年02月29日

滝谷

只見川に注ぐ滝谷川にかかるこの鉄橋も人気のある場所です。やはり先客の後ろからなんとか撮影できました。幸いにも薄日が差して色乗りが良くなりました。それにしてもつい鉄橋ばかりに目がいってしまった只見線でした。イベント列車でもじっくり撮影するくらいの余裕がないといけないなと反省した次第(^^;

image

只見線 会津桧原~滝谷 2008年2月
Nikon D3, AF-S 28-70mm F2.8D, ISO200 JPEG

2009年05月10日

久しぶりの只見線

久しぶりに新緑の只見線を訪問しました。記録を調べてみるとなんと12年ぶり。そんなに来ていなかったかなと思いましたが、間違いなさそうです。

tadami090503_6296.jpg

只見線 郷戸~会津柳津 2009年5月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, JPEG

2009年05月11日

新緑の只見川

新緑が萌える只見川沿いを走る気動車。こんな日は窓をいっぱいに開けて乗ってみたいですね。

image

只見線 会津宮下~早戸 2009年5月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, RAW

2009年05月12日

風っこ

風っこ会津只見号を撮るのは初めてです。もはや定番ですが第三鉄橋のこのアングルも実は初めてだったりします。もうすぐC11が走りますが、さぞかし混雑することでしょうね。

image

只見線 会津宮下~早戸 2009年5月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, JPEG

2009年05月13日

風を切って

爽やかに風を切って走る風っこ。季候がいいので窓のない車両に乗るには最高ですね。

image

只見線 会津横田~会津大塩 2009年5月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, JPEG

2009年05月14日

爽やかな車窓

5月の風を浴びて爽やかな車窓を全身で感じることができるのが魅力です。この列車は撮るよりも乗る方が楽しそうです。

image

只見線 本名~会津川口 2009年5月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, JPEG

2009年05月16日

若葉のグラデーション

若葉は木の種類によって様々な色合いを持っています。さながら若葉のグラデーションのようです。

image

只見線 会津宮下~早戸 2009年5月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, JPEG

2009年05月17日

緑の中へ

午後になって太陽は雲に隠れてしまい、木々の葉の色も落ち着いて見えます。鉄橋を渡り緑の中へ列車が吸い込まれていきました。

image

只見線 会津西方~会津桧原 2009年5月
Nikon D3, AF-S VR 70-200mm F2.8G, JPEG

2010年11月15日

1993年初めての只見線(1)

近作がネタ切れになってきましたので、少しのあいだ古い写真をご覧いただくことにします。17年前の11月中旬、初めて只見線に出かけたときのポジです。同時の記憶はだいぶ薄れていますがファーストカットは第二鉄橋だったようです。

image

只見線 会津宮下~会津西方 1993年11月
Nikon F4, AiAF 180mm F2.8S, RDP

2010年11月16日

1993年初めての只見線(2)

天気が良くなってきたのでこれは行くしかないと、誰もが一度は(何度も?)登るこの場所にやってきました。川面は静かで水鏡もバッチリ。さあ来いと気合いを入れたところで直前に雲がやってきて、手前だけ影になってしまい敢えなく撃沈しました。初の第一鉄橋の苦い思い出です。

image

只見線 会津桧原~会津西方 1993年11月
Nikon F4, Ai 50mm F1.4S, RDP

お知らせ:利用しているレンタルサーバーに障害が発生して、11月16日22時から23時ころまでアクセスできない状態になっていました。ご迷惑をおかけしました。

2010年11月18日

1993年初めての只見線(3)

一つ前のエントリーの続きの写真です。ご覧のように第二鉄橋にさしかかる頃には雲は通り過ぎてきれいに日が当たりました。

image

只見線 会津西方~会津宮下 1993年11月
Nikon F4, Ai 135mm F2.8S, RDP

2010年11月19日

1993年初めての只見線(4)

この時間はほぼ逆光になる第三鉄橋です。川面の表情を取るか列車や紅葉を取るか悩んだあげくこのような結果になりました。少し日差しが弱くなってしまったので、結局どっちつかずになってしまったような気がします。

image

只見線 会津宮下~早戸 1993年11月
Nikon F4, Ai 85mm F2, KR

2010年11月20日

1993年初めての只見線(5)

第五鉄橋にやってきました。太陽が山の稜線にかかり、ぎりぎりの光線が鉄橋を浮かび上がらせます。

image

只見線 会津川口~本名 1993年11月
Nikon F4, Ai 135mm F2.8, KR

2013年10月21日

DLの会津只見号

上り列車は蒸気機関車をぶら下げてディーゼル機関車が牽引していました。
今となってはこれもなかなか絵になります。


只見線 早戸~会津宮下 2001年10月
Nikon F4, AF-S 80-200mm F2.8D, RDPIII


只見線 会津宮下~会津西方 2001年10月
Nikon F4, AF-S 28-70mm F2.8D, RDPIII


只見線 会津大塩~会津横田 2001年10月
Nikon F4, AF-S 80-200mm F2.8D, RDPIII


只見線 会津越川~本名 2001年10月
Nikon F4, AF-S 80-200mm F2.8D, RDPIII

About 只見線

このブログのカテゴリ「只見線」に投稿されたすべての記事のアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは磐越西線です。

次のカテゴリは磐越東線です。

Powered by
Movable Type 3.36