« 見送る | メイン | 寝台急行銀河 »

ブルートレイン

高感度のテストをかねて、廃止が取りざたされているブルートレイン『富士&はやぶさ』を横浜駅で撮影してみました。

toukaidou071202-0210.jpg

東海道本線 横浜 2007年12月
Nikon D3, AF-S 28-70mm F2.8D, ISO6400 JPEG

このサイズの画像ではノイズはわからないと思います。等倍で見ればそれなりにノイズは出ていますが、ISO6400でも実用になっているのはなかなかすごいと思いました。これなら手持ちで夜景が撮れます。(この写真も手持ちです)

コメント (6)

exifを見るとf4でSS1/100ですか
本当に凄いですよねぇ
真夜中に振り回してみたい衝動に駆られます(汗)

しかし、ISO6400かぁ・・・・
昔、コニカからISO3200のフィルムが出ましたけど、もうとにかく色がまともに出ない上にザラザラでしたね。
技術の進歩って凄いです。

やっぱD3買うようだなぁ・・・・

JZX81:

夜間撮影に三脚が要らない時代になりましたか。
技術の進歩はすごいですね。
銀塩オンリーの私には夢のような話です。

 昔、大宮駅で58の牽く津軽や八甲田を、ロイヤルXパンを増感して撮影したことがありましたが、全然写真になりませんでした。D3の威力は凄まじいものがありますね。これでは鉄チャンは寝ている暇が無くなります。お体お大事に。(爆)

コメントありがとうございます。

☆ふうらいぼ様
ISO100換算でシャッター速度は1/1.6ですからVRレンズを使っても手持ちはつらいですね。これからも技術の進化は止まらないでしょうからそのうち星空が手持ちで撮れるようになるのかもしれません。とはいえ低感度での長時間露光も捨てがたい魅力がありますので使い分けることになるかと思います。D3ぜひ(^^;


☆JZX81様

つくづくデジタル技術の進化は早いと感じます。また3年もするとD4とかが出てきて旧機種になってしまうのかなと思うと、ちょっと複雑な気分です。その点銀塩は完成された技術で安心できます。フィルムの製造と現像処理が可能な限り永く続いて欲しいと願っています。


☆佐倉様

フィルムも徐々に進化はしていますけど、今でも基本はISO100ですよね。大型センサーと新しい画像処理エンジンのおかげでしょうか。でもホント、寝ている暇がありませんね(^^;
苦労しなくても撮れてしまうのはありがたいのですけど、苦労して撮った写真の方が印象深いという場合もありそうです。

6400ですか、綺麗ですね。
昔CanonのA-1に12800がついていましたが、何しに使うんだ?と思ったことがありましたが、それが現実になってきましたね。。

しかし、寝台特急も終わりなのは寂しいですが、仕方ないですね、私もここ何年か乗ってませんし。

ぱれお様、コメントありがとうございます。

A-1の時代に12800ですか。すごいですね。F4でも6400までしかありません。
寝台列車は旅情があっていいのですけど、たしかに私もすっかり乗らなくなってしまいました。

コメントを投稿

(スパム防止のため投稿されてもすぐにトップ画面には反映されません。承認されるまでしばらくお待ち下さい。)

About

2007年12月13日 23:19に投稿された記事のページです。

ひとつ前の投稿は「見送る」です。

次の投稿は「寝台急行銀河」です。

Powered by
Movable Type 3.36