« 晩秋の八高線 | メイン | 秩父へ転戦 »

ふだんの姿

手すりや排気管のカバーがステンレスですが、貨物を引っ張るときには磨かれることもなく、奥ゆかしいふだんの姿を見るような感じです。

image

八高線 折原~寄居 1996年11月
Nikon F4, AF 80-200mm F2.8D, RDPII

コメントを投稿

(スパム防止のため投稿されてもすぐにトップ画面には反映されません。承認されるまでしばらくお待ち下さい。)

About

2010年11月23日 23:01に投稿された記事のページです。

ひとつ前の投稿は「晩秋の八高線」です。

次の投稿は「秩父へ転戦」です。

Powered by
Movable Type 3.36